脱ステ前後、克服後の写真を公開!アトピー、中度難聴、不妊治療後に思うこと。水オタクな私~湯治のこと。見合いサイトで30人目に夫をゲット。自作の樹脂粘土アクセサリー掲載(テレビ雑誌で採用経験有)。ハムスター、オカヤドカリ
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私のステロイド履歴
2007年09月22日 (土) | 編集 |
小学生の頃からリドメックスを使用。
5段階中3番目に強い(strong~強い)

会社に入り、それを機に会社の近くの病院に変える。
OL時代はマイザーに変更。
5段階中2番目に強い(very strong~かなり強い)。

飲み薬としては花粉症で鼻水がひどかったので
その時期だけトリルダン(抗アレルギー剤)を使用。

父親が毛染めでかぶれてローションをもらってきたので
それを分けてもらうようになってからは、
頭を洗った後に、リンスといっしょにお湯に混ぜて使ってました。
リンデロンVGローション
5段階中3番目に強い(strong~強い)

ステロイドの内服は一切ナシ。
ずーっと飲み続けるのがイヤで、出された時も飲みませんでした。
内服や注射は塗り薬よりコワイので、今思えば本当によかった。

小学生の頃は、ひじやひざの裏などの部分に塗っていましたが、
大学生の頃には首に塗り始め…首に塗っていたら顔に広がり、
毎日朝晩、クリームや化粧下地のようにせっせと塗っていました。

今では考えられないけど、
昔は患者から文句が来るからと薬のチューブのシールが
剥がされていたりしました。

ステロイドを止めたいと思い、
医者に使いたくないからと伝えたのに、
別の容器に入れられたものを渡され、
ステロイドを知らないうちに使わされていたこともありました。

使ってるうちにおかしいなと気づき
「これってステロイドじゃないんですか!?」
と問い詰めたら、
「ステロイドじゃなきゃ治るわけないだろう」
と言われました…。
脱ステしたいと思っても、
医者によってはさせてくれないところもあるんですよね。

病院を替えて、
だんだん弱くしてから脱ステをしたい旨を申し出て、
一年ほどかけてステロイドを弱くしていきました。
マイザーを中止して、26才の10月からロコイド
5段階中4番目のランク(midium~中程度)に変更。

その後、ロコイドをワセリンで薄めてもらって、
毎日2回、朝晩塗っていたステロイドの間隔を
だんだん開けるように努力しました。

日曜の夜に使って、
月曜火曜と使わずに過ごし、
水曜の夜あたりにガマンできなくなって塗り、
木曜金曜を乗り越え…週末は家にいるからガマンして、
また日曜の夜に塗って月曜の朝を迎える…そんな感じでしたね。

27才の8月頃には、
日曜の夜に塗って月曜から土曜まではガマンして、
また日曜の夜に塗って月曜の朝を迎える…
そうやってなんとか会社に行ってました。

この状態の時はほんとにきつかった。
だんだん異様な顔になっていくのを
会社の人達に見られるのが一番つらかった。
今思うと、よく会社に通ってたなあと思います。

顔はパンパンに腫れてむくみ、
赤黒くなってきた顔をファンデーションで隠し、
顔のボロボロをおさえるためにベタベタにクリームを塗りたくり、
それでも毛羽立ってくる皮膚をピンセットでとって、
とにかく人間の顔でいられるように…必死になってましたね。
ひじ裏からは掻いたところから汁が出たりしてました。
痒みもひどくなってきて、会社でもじっと座っているのが苦痛でした。

そして完全にステロイドを中止し、本格的なリバウンドに。
27才の8月27日、休職したその日の晩から
汁(体液)が掻いてもいない場所からダラダラ流れだしたのです。
この世にこれ以上のモノはないだろうという気持ち悪さでした。

皮膚の中を虫がはいまわっているような
体の奥からわきあがる猛烈な痒み、
シャワーを浴びるだけでチクチクしてヒィーッと叫び声をあげ、
痒みのあまり狂ったように顔を叩き続けて、
目はアトピー性白内障になりました。
眠れず正気を失い、何度も死にたいと思いました。

脱ステしたアトピー人達は、皆同じような経験をしてきていると思います。
普通に生きて死んでいく人達がほとんどで、
この世でこれほどの苦しみを経験することはまずないでしょう。

ステロイドを塗っていたのが長期に渡っていたからだと思いますが…
私の場合、塗ったのは局所的だったにも関わらず、
足の一部を除いてほとんど全身に痒みが出て、
ボロボロガサガサシワシワになったし…。
ステロイドを塗っていない部分からも体液が出ました。

手がひどいアトピー人は多いけれど、私の場合、
手だけは最初に出ただけだったので…粘土もさわれたんですよね。
これは私にとっては不幸中の幸いでした。

外用薬なら血液中には入らないので大丈夫と言われているけど、
塗った以外のところもリバウンドが出ていることを考えると
疑問に思えます。

応援してくれる人はクリックよろしくお願いします~!
押してくれたらがんばって写真も載せます!!
脱ステ写真を載せる勇気をください~!!!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓
人気blogランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/09/22(Sat) 19:19 |   |  #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2008/03/05(Wed) 20:45 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/03/12(Wed) 19:50 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。